中国にいるムスリムの「食」を、記事を通してみることができる

 
Article about Eid in Beijing, China.
中国・北京でのイードの様子が、記事になっています。

 
★「中国のおいしいイスラム」 第1回「ラマダン明けの『清真』ランチ」
http://courrier.jp/columns/56459/
from Courrier Japon

 
中国にも、たくさんのムスリムがいますが、
あまりイメージがないかも。ウイグル自治区の人たちなどです。

 
昔北京には、路地裏にウイグル自治区のレストランが集まっている
エリアがありました。

 
そこで働いている人は、私たちと同じ顔をしているのに
瞳だけが青かったり、顔立ちがすごくエキゾチックだったり、
髪の毛の色が金色だったり・・と、
様々な民族が入り混じった風貌をしていて、
交流してきた人々の歴史を感じ、すごく感動した覚えがあります。

 
今は、レストランが集まっていたエリアも、
開発されてなくなってしまったと聞きます。

そこで初めて食べた、からーい羊肉のお料理や、太い麺、
まるい形のナン(クルチャ)も、懐かしいです。

 
Courrier Japonでの「中国のおいしいイスラム」、連載が楽しみです。