Photo by Megumi Nakazawa in Singapole

日本における「ムスリマファッション」についての私的考察

~エッセイ:習慣と文化と、その間 7
(Essay : Living as Muslima in Japan 7)

 
日本国内のユニクロで、Hana Tajimaさんデザインの、
ムスリマファッションが発売されて数ヶ月。

 
Hana Tajimaさんのデザインが、日本のユニクロで!と、
日本に上陸する前からワクワクしていたのですが、
売り上げは、あまり良好ではないというお話を伺いました。

 
はて。どうしてだろう。

 
デザインや柄・・など、好みの問題もあると思いますが、
「イスラム教徒のファッション」という
イメージが先行してしまったからでしょうか。

 
ユニクロさんは日本のプレスリリースでは、
「コンフォートウェア」という言葉で、ブランドを表現しています。
http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2016/06/16061415_ht.html

 
 
皆さん、ムスリマには、ムスリマのファッションが必要なんでしょ?
と、思うもしれません。

 
けれど、非イスラム圏においては、
「そこにある服をいかに利用するか」・・ということも、
非常に大事だと、私は考えます。

つまり、ムスリマファッションと、
声高にうたう必要はないのではないか、と。

 
例えば、Hana Tajimaさんの、こちらの洋服。
hanatajima1

2枚とも、ユニクロのオンラインショップよりスクリーンショットhttp://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/hanatajima/women/
2枚とも、ユニクロのオンラインショップよりスクリーンショットhttp://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/hanatajima/women/

 
パッと目を引くのは、ヒジャブ(ヘッドスカーフ)で、
それ以外は、誰が普通に着ていても、おかしくないですよね。

 
逆に、ムスリマが好む、体形が隠れるふんわりした服は、
一定年齢以上の女性たちのニーズに合っていると思うのです。

 
ある年齢をすぎると、女性たちはおそらく、自身の体形を気にし始めます。
痩せにくいし、メリハリもなくなっていくし(XX)
とにかく、隠したい、ごまかしたいという方向に、意識が向く。
(私もそうです。)

 
美魔女的なスタイルの女性なんかほんの一握り。
若い女性たちが着ているようなぴったりしたものや
丈の短いもの、露出の多いものは、なかなか着ることができません。
カバーしながら、自分らしく、きれいに見える服がいい。

 
今、ガウチョパンツとか、スカンチョとか、まだ流行ってるでしょ?
他に、ロング丈のプリーツスカート(タイトは駄目ね)、
ゆるくて丈の長いトップスも、様々なデザインが売っています。
ワンピースもトップス代わりになる。
UVケアの関係で、夏でも薄い長そでのカーディガンが売っています。

 
ゆるい丈長トップス(ワンピース)+ガウチョパンツ+長そでカーディガン。
このコーデだったら、ムスリマも着られるはずなんですよ。

 
例えば、同じくユニクロさんのスタイルブックにあったこちら。

ユニクロのオンラインショップよりスクリーンショット
ユニクロのオンラインショップよりスクリーンショット

 
これにヒジャブをかぶってみると、それっぽく見えますよね。

 
となると、わざわざ「ムスリマファッション」としてうたった洋服と、
既存のお店のものと、何が違うのだろう?ということになる。

 
逆に「イスラム教徒のファッション」と認知されたがために、
「そういうものだ」という意識が働き、
日本の女性たち、他の外国人にはスルーされちゃう可能性もあるのではないでしょうか。

 
 
日本発の、ムスリマさん向けファッションが出てくるのは大歓迎!
和風なヒジャブや、ファッションもステキだし、
素材も含め、Made in Japanに魅力を感じる方もいっぱいいると思います。
主に、観光客向けやアウトバウンドとして。

 
けれど、在日の方々には、
日本で売っている普通の洋服をいかにコーディネートすれば、
ムスリマファッションとして利用できるのかを伝えていくこと。
ヒジャブの代わりになるスカーフやショールもあると、
利用方法を伝えていくことも大切。

 
そして、ムスリマファッションを日本の方に認知してもらうには、
ムスリマのためだけでなく、

  • 普段使いができること
  • 誰が着てもおかしくないこと
  • きれいに体形がカバーできること
  • ゆったりとして着心地がいいこと
  • 初期から中期のマタニティとしても応用できそうなこと
  • ・・・など、語っていく必要があるのではないでしょうか。
     
     
     
    以上、日本における「ムスリマファッション」についての、
    私的考察でした。

     
     
    ※夏場、「公共プール」は家族連れでにぎわいます。
    周りを見ると、ママたちは、室内にもかかわらず長めの水着に、ラッシュガード。
    中には、ラッシュガードのフードまでかぶっている方も。
    ビキニなど露出高なものは、ほとんどいませんでした。
    私も良く分かりますが・・・隠したいよね、やっぱり(XX)
    ブルキニも、売り方によってはニーズがあるんじゃないかなぁ。

     
    ※アイキャッチの画像は、シンガポール在住の中澤めぐみさんより、お送りいただきました。
    今年初め、シンガポール国内の店舗写真です(^^)
    (めぐみさん、ありがとうございました!)