アラビア語の文字が入った商品の取り扱いに、ご注意ください

 
最近日本でも、アラビア語文字をデザインした商品を、
多く見かけるようになりました。

 
イスラミックなで幾何学模様や、なめらかなアラビア語のカリグラフィーは、
ときにビックリするほど精巧できれいです。

 
輸入物もあれば、日本の商品もあり。

 
ムスリムの方だけでなく、日本の方も、お土産として、あるいはインテリアとして、
あるいは他の用途で・・・と手にする機会も増えてきたのではないでしょうか。

 
ただ、購入前と購入後に、
ひとつだけご注意いただきたいことがあります。

 
もしあなたの買ったデザインに、
宗教的な意味の文字が入っていたら。

 
どうぞ汚れるようなところにはおかず、
さらには踏んだりしないよう、丁寧に扱ってくださいますよう、
お願いいたします(^^)

 
何が書かれているか分からなければ、
知ってから購入することも、大切かもしれません。

 
 
また、商品を売る側の方々、作る側の方々も、
その文字が意味するところをきちんと理解して、
配慮しながら、デザインしたり、扱っていただければ幸いです。

 
投げたり、床に直置きしたり、汚したり・・は、NG。

 
印刷物についても、同様です。
配布するチラシや小冊子など、印刷したものに文字が書かれていたら、
それも同様の扱いを期待されます。
(私はムスリムになる前の遠い昔、扱いが雑で、非常に怒られたことがあります)

 
さらに、クルアーンは、綺麗に布でくるんで本棚にしまったりなど、
ムスリムはことさら特別に扱っています。
持って移動をする際も、必ず「手荷物」です(預けたりはしません)。
なので、日本人の感覚で扱ってしまうと、
ムスリムのお客様からクレームということになりかねません(^^;

 
アラビア語の文字を入れた商品を作るとき・・ですが、
こんな例をあげましょう。

 
過去に日本のメーカーが販売した車のタイヤ、その溝の形が、
宗教的に問題になったことがありました(90年代前半だったと記憶しています)

 
イスラム諸国で反発を買い、そして結果として、企業はタイヤの無償交換、
生産中止を余儀なくされています。
企業イメージの損失、無償交換などによる金銭的ダメージは、
かなりのものだったはずです。
ビジネスの上では、そのくらいセンシティブだと
思っていただいたほうが良いでしょう。

 
もし、あなたがとっても素敵なアラビックの装飾にひかれ、
その商品を手に取って、購入したら。

 
また、アラビア語の言葉を、
これから開発・創作する商品に入れたいと思ったら。

 
アラビア文字が書かれた商品を、
お店で売る、飾るなどしようと思っていたら。

 
その文字が意味するところをきちんと理解して、
配慮しながら、扱っていただければと思います。

 
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 
いや、私はムスリムじゃないから別にいいんじゃない?
と思われる方もいるでしょう。

 
感覚として、分かりにくいかったとしたら
こんな例えはどうでしょう?

 
あなたにとって非常に価値があり、とても大切にしているものがある。
それに価値を感じない誰かが、別にいいじゃん?と、
踏みつけたり、汚したり、邪険に扱っているとしたら?

 
やっぱりいい気持ちはしませんし、やめてほしいと思いますし、
文句の一つも言いたくなるはずです。

 
「何を大切にしているか」は人それぞれ。
理解はできなくても、大切にしていると知ったら、
それに敬意を払う・・ということかな(^^)