ムスリム対応やハラールに興味を持ってくださった皆さまへ

 

Crossbridgeのハラールやムスリム対応の考え方
~皆さまに伝えたいこと

mosque日本文化と習慣、イスラーム文化と習慣。

 
飲食全般、冠婚葬祭など数々の行事やイベント、
健康、医療、美容分野 、観光・宿泊の分野 、
教育の分野(子育て含む) 、地域社会での生活のこと
などなど・・
日常をとりまくすべてにおいて違いが大きく、
そこを調整しながら、悩みながら、
イスラム教徒は日本で、毎日を過ごしています。

 
ここ数年、ハラールは時流に乗って、昔に比べてずっと知られるようになってきました。
が、残念ながら誤解や偏見もあり、
このまま多くの人が、難しい、分からない、できない・・など、
間違った方向に行ってしまうのではないか?という焦りや不安が、当事者にはありました。

 
日本人として暮らし、イスラム教徒として生きている。
このような私だからこそ、あげられる声や、伝えるべきことがあるのではないかと思ったのが、
Crossbridgeを始めた理由です。

 

「ハラール」という考え方と、「ハラール認証」と、
ムスリム対応(ムスリムフレンドリー)。
この違いが分かれば、対応できます。

 
くしくも、訪日外国人の数は、2015年の時点で、
過去最高の約19,737,000人を記録しました。

 
イスラム圏からの観光客の割合も20%以上増加しており、
マレーシアなど東南アジアをメインに、今年度も引き続き、たくさんの人たちが訪れるでしょう。

 
けれど、前述のように、日本国内にはまだ、
様々な違いを持っている彼らに対応できる十分な環境も理解も、ありません。
そして、ムスリムたちがお店やサービスを利用する際、
重要視するのは、「ハラール」、そして「ムスリム対応ができているか」どうか、につきます。

 
ただ、誤解しないでいただきたいのは、
すべてにハラール認証は、必須ではないということ。

 
あったほうが良いものもある。なくても大丈夫なものもある。

ムスリムにとって大切な「ハラール」という考え方と、
「ハラール認証」と、「ムスリム対応」が混ざりあってしまい。
混乱を招いているような気がします。

 
全てハラール認証を得ていなければ口にできない、利用できないなら、
私たちは日本で生活できません・・・。
大切なのは、「ハラールと言う考え方を理解していただくこと」です。

 
「ハラール」という考え方と、「ハラール認証」そして、「ムスリム対応」の違いが分かれば、
きっと対応できることがあると、分かっていただけるはずです。

 

文化・習慣の違いは、新しいチャンスを産む!

0be7c2a065a007023a054bd0022f3d4c_s

 
正しいムスリム対応を行うことで、
新しいビジネスのきっかけや、チャンスをつかんでいただきたいと思っています。

 
日本の皆さんにとっては、双方の違いは、

思ってもみなかったニーズを拾い上げ、商品やサービスを提供するチャンス
違いを埋めるもの、新しいものを創造し、提供するチャンス
視点を変えて、みんな一緒に「おいしい」「楽しい」「使える」を生み出すチャンス

です。

 
在日ムスリムが暮らしやすくなれば、結果として、
海外から旅行で来るムスリム、
留学や就職で長期滞在するムスリムたちのニーズを満たせる。
そして、日本がより「訪問しやすい、滞在しやすい」国に変わると、信じています。

 

「ムスリムのこと”だけ”」を、考えないでください。

 
対応を・・と言いながら、「ムスリムのことだけを考えないでください」と書くには、
理由があります。
ここも、誤解のひとつだからです。

 
ハラールやムスリムフレンドリーは、最初のうちは「目玉」になるでしょう。

 
けれど、結果的にはやはり地域に溶け込み、日本人にも愛されるお店や商品が、強いのです。
商品やサービスの魅力があり、お店の魅力があり、スタッフの魅力があるお店が強い。

 
ムスリムのことだけ考えてしまうと、今度は日本人のお客さまのことが置き去りになりがちです。
そうではなく、「今いる日本人のお客さまと、ムスリムが共存できる」ことを考えていただきたいのです。

 
ハラールは、ムスリムだけのものではなく、すべての人が食べられる、利用できる、楽しめるもの。
実は、ほんの少しの要素が加わるだけなんですね。

 
今伸びているお店や商品は、誰からも愛されています。
「え、これって何がどうハラールなの?本当にムスリム対応なの?気づかなかった。普通じゃん!」
とあるお店を利用した友人が、驚いていました。
実は、それが正解なのです。

 
このことに気づいてくだされば、ビジネスも軌道に乗り、
ハラールもムスリム対応も、日本に根付いていくでしょう。
そして、少子化が心配される日本でも、多様性を受け入れられる環境が、
次第に整っていくでしょう。

 
ムスリムも、日本人も、そして他の国の方も。
みんなが同じ食卓で食事ができる、同じものを分け合える、
同じものを利用できる、同じものが楽しめる。
これが理想の形です。

 
だからきっと、あなたのお店でも、サービスでも、商品でも。
今あるものにほんの少しの工夫するだけで、「誰でも」使えるようになるものがあります。

 

ハラールは、イスラム教徒が大切にしている考え方。
理解していただければ、難しいことではありません。

 
mother-397956_640

 
対応は難しい、面倒くさい、分からない・・。だから、あきらめた。
というお話もよく聞きます。
今は、「ほんの少しの工夫だけって、そんなことないでしょ?」と思われるでしょう。

 
けれど、実際に勉強会などでお話をさせていただくと、
「目から鱗」「見方が変わった」「これならできそうだ」という感想をいただくことが多いのです。

 
とにかくまずは知りたいという方も
興味はあるけれどハードルが高い!と考えている方も、
一度は考えたけれど、あきらめた!という方も、
ぜひ、お声をおかけください。
そして、実践をするお手伝いをさせてください。

 
ムスリムへの対応が、多様化が進む日本社会での新しい種のひとつとなり、
発展のカギとなることを願って。

 
1_primary_logo_on_transparent_119x75

Crossbridge

 
 
 

Crossbridgeについて


>> Crossbridgeが提供するサービスの一覧(More about services)
>> ハラール&ムスリム対応勉強会
>> セミナー、講演(講師)、研修
>> イスラームの文化や習慣をもっと知るために(記事)

 

お問い合わせ・お申し込み

 
初回ヒアリングは無料です!
>>お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

ご意見・ご感想・ご要望

 
こんなことが聞きたい!こういう場合どうしたら?など、疑問・質問なども、お気軽にお寄せください。
>> voice@crossbride-project.com

 
 

【参考】(過去の新聞記事などから抜粋)

“ムスリムが旅行中に困る事と対応策
日本に来たけど、何を食べて良いのかわからない。日本での食事は大変だと聞いていたので、自国からインスタントラーメンや缶詰を持参した
(タイ、マレーシア、インドネシア等 東南アジアの旅行客からよく聞く声である)”

FeelKOBE 「実際のムスリムの声」より抜粋

 

“田辺市の民宿経営者は「イスラム教は戒律が厳しいイメージもあり、身構えてしまうのが一般的な感覚ではないか」と明かす。これに対し、毎年マレーシアの生徒を自宅で受け入れている印南町の元小学校教諭、小松美穂子さん(64)は「話せば分かり合える。民間レベルでの交流がきっと未来につながるはず」と希望を抱いている。”

毎日新聞記事「ムスリム観光客 取り込め!! 「過敏になり過ぎないで」 県も対応本格化/和歌山」より抜粋

 

“世界ではメジャーなイスラム教徒も、日本ではマイナーな存在だ。当然ながら、このギャップは日本で暮らすイスラム教徒を悩ませる。
「例えば、コンビニのおにぎりを買おうとするじゃないですか」と、マユミさんが解説する。
「おにぎりが、問題なんですか?」
「おかかだったら大丈夫だろうと思って、成分表を見たんです。そしたら、ノリにゼラチンが塗ってあったんですよ」
日本で使用されているゼラチンには、豚肉由来の成分が含まれていることが多い。厳格なイスラム教徒ならば、おかかおにぎりさえ気軽には口にできない。
同様に、スナック菓子も油断ならないという。
「かつお風味と書いてあるのに、豚肉エキス使用だったりする訳です」”

Diamond Online「コンビニのおにぎり」と「飲み会」には要注意!?日本人が意外と知らないイスラム教徒のランチ」より抜粋

 

国連世界観光機関(UNWTO)の調査 によると、
イスラム教徒が旅行時に重視するものの1位に挙げられているのは「ハラール食」で、
次に「費用」「ムスリムフレンドリー」と続く。とはいえ、異国の地での食生活に不安を